menu

イビデングリーンテック株式会社

〒503-0021

岐阜県大垣市河間町3-55

TEL:0584-81-6111

担当窓口:安田、高木

法面事業

近年、環境への配慮が重要視され、緑化を考えた施工方法が多くの工事で求められています。

昭和38年から法面事業に取り組み、高速道路をはじめ、全国の山地で法面工事を推進しています。

特に当社の最新技術「GTフレーム工法」は、自然と共生することができ、本物の山のように美しく仕上がる事から、 全国の工事で取り入れられています。

また、法面工事において、もう1つの重要な観点が「防災」です。

ゲリラ豪雨等による斜面崩壊や地すべりを防ぎ、地域住民の方々の安全を確保する責任とやりがいがある事業です。

造園事業

環境保護条例に基づき、今後も成長していく事業の1つが造園事業。

公園や、マンション・戸建住宅などはもちろん、 都心部ではビルを建築する時に、一定の面積の緑地を作ることが 定められています。

人と自然が共生できるような未来を創ることが現在は義務付けられております。

例えば、豊洲地区では、街全体で緑化に取り組んでおり、環境に配慮された街づくりが盛んとなっております。屋上緑化・壁面緑化の案件も多く、一棟の敷地面積に対して、緑化率が40%を超えるものもあり、このような大きなプロジェクトに当社の造園事業は関わっています。

さらには、施工後の管理も当社で請け負っています。 三井不動産グループとのお付き合いが深く、 みなさんの知っている有名建築物などの話題に上る物件に多数携わってます。 (東京ミッドタウンなど)

建設事業

イビデンの工場設立からイビデングループの様々な事務所や施設を手掛けている事業部となります。

法面や造園に次ぐ、第3の事業部として今後の事業の柱となるために、事業の幅を広げております。

現在、民間の工事や公共工事を次々に受注しており、工場、学校、老健施設等の建築、改修工事や、商業施設での空調等の設備工事、太陽光パネル設置工事などを行っています。工事の受注範囲は、岐阜県の西濃地域が中心。