menu

イビデングリーンテック株式会社

〒503-0021

岐阜県大垣市河間町3-55

TEL:0584-81-6111

担当窓口:安田、高木

友田 : 法面事業本部 システム工学部 環境システム学科卒

「 グリーンビジネスの最先端を走っている仕事! 」

Q : 入社の決め手は何でしたか?

A : 決め手は会社の雰囲気です。最初は仕事内容が大事と思っていて、大学の研究が法面の緑化についてだったので、
法面と造園の会社を中心に調べる中で、当社をみつけました。
でもそこで説明会に参加して、マンツーマンで色々な話を聞く中で、会社の雰囲気を感じ取れたのがよかったと思います。
今の上司が会社の説明をしてくれて、和やかで親しみやすい感じの会社なんだと思いました。

Q : 現在の仕事内容について教えてください。

A : 毎日現場にいって、夕方と空き時間には車や現場事務所で書類です。
現場管理が主な仕事ですが、12月に初めて1人の現場を経験しました。
施工期間1ヶ月くらいのモルタル吹付の現場でした。わからないことが多くて大変でしたが、上司はもちろん、時には職人さんに教えてもらいながら進め、複数のうち一つの法面は無事完成させることができました。

Q : 仕事をする中でのやりがいや楽しみについて教えてください。

A : ほめてもらえたときは素直に嬉しかったです(笑)
忘年会で、社長と上司が話してて、新入社員はどうか?という話になっているのをたまたま聞いて。
自分の知らないところでほめてもらってると知って、またがんばろうという気持ちになりました。
仕事中は、マンネリ化しないのがいいところです。毎日色んなことを考えて、1日1日違う業務があるので、
毎日新鮮な気持ちで仕事ができます。

Q : 今後頑張りたいことは何ですか?

A : 今年は同じ種類の現場が多かったので、もっと色んな工種を見てみたいです。
ある高速道路の現場では、緑化やロックボルト等、様々な工種を経験できたのですが、上司と一緒だったので全部を理解したわけではありません。自分ひとりで全部できるようになりたいです。2級土木施工管理技士の資格に来年挑戦したいです。専門的な知識を磨いて、役所の人に聞かれても全部対応できるようにしたいです。

Q : 1日の仕事の流れを教えてください。

A :8:00 に現場着、朝礼の準備をして、8:30 に朝礼。作業内容と安全上のルールを確認します。
9:00 からは品質管理。砂の表面水率、現場配合砂とセメントと水をそれぞれ何キロ配合してモルタルを作るのか決めます。
供試体作製と同時に塩分量を計測してようやく職人さんの作業開始です。
9:30 吹付状況を測点ごとに撮影します。
10:30 書類を作ったり、職人さんの手伝いで現場の整理等。空き時間を見つけては撮影した写真の整理をします。
12:00から13:00 まではお昼休憩。
13:00 表面水率を取り直し品質管理。天気や気温でも変わってしまうため重要な工程です。
13:30 役所の方が検査にこられます。現場を見ながら、質問等にも対応します。
14:30 工事の材料が入るので立会います。作業の邪魔にならないようにします。
15:30 翌日使う材料の確認をして、必要に応じて発注します。翌日の作業を考えながら決めます。
発注して2日後にしか来ないので見越してやることが重要です。
16:30 には作業を終え、片付けです。掃除したり、シートをかけて現場の保全をします。
17:00 過ぎには帰ります。

Q : オフの過ごし方について教えてください。

A : 出かけるのが好きです。大学のときの友人と遊ぶことが多いですね。
大学まで小旅行気分で行ったりもします。写真は和歌山県の生石高原というところに出かけたときの写真です。
出かけて散歩するだけでもいい気分転換になるし、友達の近況を聞いていると、みんなの話がいい刺激になって、またがんばれます。

若園 : 建設事業部 工学部 機械システム工学科卒

「 あの建物は、パパが作ったんだよ!って誇れる仕事です! 」

Q : 入社の決め手は何でしたか?

A : 自分はどんなことをする職業に就きたいのか曖昧な状態で就職活動をしている中で、当社の会社説明会に参加したとき、

実際に施工した建物や緑地を見て惹かれるものがありました。また不明な点ばかりでしたが、
自分の納得のいくまで質問に答えて頂き、この会社に入社したいという思いが大きくなりました。

Q : 現在の仕事内容について教えてください。

A : 現在は、工場内のユーティリティー業務に携わっています。
CADを用いてレイアウト設計をし、内装関係(間仕切り、床塗装など)、空調関係(エアコン、など配管)の仕様検討を行っています。
また、工事の中での工程調整、及び安全管理を行っています。

Q : 仕事をする中でのやりがいや楽しみについて教えてください。

A : 自分でレイアウト設計し、出来上がるまでの過程を見られることが楽しいです。設計通りうまくいくこともあれば、
設計通りいかない時もあります。しかし、その時どのように問題解決するのか、先輩の方々にアドバイスを頂きながら
解決していくことも自分の勉強にもなりますし、やりがいとなっています。

Q : 今後頑張りたいことは何ですか?

A : 最近はクリーンルーム構築設計に携わってきましたが、理解できないことが山積みでした。
主に空調の風量設計、温湿度設計、また制御方法など理解に苦しむことがありました。完成できたのは
たくさんの先輩方・業者の方々のご指導があったからです。
自分もいつか理由を明確にし、周りの方々に自信を持って発言指示できるよう、勉強していきたいと思います。

Q : 1日の仕事の流れを教えてください。

A : 7:45      出社
     8:00      朝礼(当日の作業内容の報告)、ラジオ体操
     8:30      メールチェック
     9:00~12:00  設計業務、工事監理
     12:00~13:00  昼食・休憩
     13:00~17:00  設計業務、工事監理
     17:30 退社

Q : オフの過ごし方について教えてください。

A : オフの日は、ドライブによく行きます。
街中に向かうこともあれば、県外へ出ることもあります。
最近は目的地を決めずにただひたすら走り続けることもあります!
何も考えず、ただひたすらと。。

梶本 : 造園事業本部 生命環境科学研究科 緑地環境科学専攻卒

「緑を生かして、地球を守る!大げさな言い方ですが、本当です!」

Q : 入社の決め手は何でしたか?

A : 私は都市緑化に関わる会社を中心に就職活動をしていました。
その中でも、当社の最終面接で社長や役員の方々が
最初に世間話で緊張を和らげて下さったことや、
説明会や面接での人事の方々の親切なご対応から
社員の方々の人柄の良さを感じました。また、造園関係で
東京オリンピックに携わる仕事がしたかったので、
その仕事に携わることができる当社への入社を決めました。

Q : 現在の仕事内容について教えてください。

A : 仕事内容は、現場での工程管理・安全衛生管理・作業員への
作業指示などを主に行っています。
先輩方から仕事の流れや測器の使い方
図面の読み取り方・施工するにあたっての注意事項など
様々なことを教わりながら、現場の施工管理を行っています。
事業主や施工主、作業員の方々と相談し、どのようにすれば
より安全にかつスムーズに作業を進められるかを
考えながら仕事をしています。

Q : 仕事をする中でのやりがいや楽しみについて教えてください。

A図面を見ながら測器で作る物の位置を出し、そこから少しずつ物が出来上がっていく様子は今まで見たことがないものばかりで驚くとともに、普段よく使いよく目にするものがどのように作られているのかを知り、気持ちがたかぶりました。また、公園を施工している際に近所の親子連れの方が「この公園はいつできるんですか?」や「あの公園で早く遊びたい」といった期待の言葉を聞いたり、完成後に喜んでくださる利用者のことを考えたりする時にやりがいを感じます。

Q : 今後頑張りたいことは何ですか?

A : 現在は先輩方のもとで様々なことを教わりながら仕事しているので
役に立てることは少ないですが、教わったことをしっかりと理解し、
次の現場で活かしながら少しずつ1人でできることを
増やしていきたいと思っています。
また、仕事のスキルアップのためにも造園施工管理技士の資格を
取れるように頑張りたいと思っています。

Q : 1日の仕事の流れを教えてください。

A : 8:00 朝礼
   作業員への指示、位置出し、
   工程・安全衛生管理(10:00~10:30休憩)
    12:00 昼休憩
    13:00 打ち合わせ
    13:30 作業員への指示、位置出し、
    工程・安全衛生管理(15:00~15:30休憩)
    17:00 片付け、作業終了
     |  翌日の図面・資料作成
    19:00 退社

Q : オフの過ごし方について教えてください。

A休みの日は自分の好きなゲームをしたり、家具や家電が好きなのでインテリアショップや家電量販店で買い物したりしています。また、時間が合えば会社の同期や大学の友達とご飯を食べに行き、同期や友達がしている仕事のことや最近ハマっていることについて話すことで気分転換にもなっています。時間があるときには、会社の近くの球場でプロ野球を観戦したり、一緒に仕事をしている業者の方とコートを借りてフットサルをしたりもしています。